森をつくる住まいづくり

「住まい」から「まち」へ 「都市」から「森」へ

  1. ホーム
  2. 事業案内
  3. コミュニケーションデザイン

コミュニケーションデザイン

「伝える」デザインではなく、「伝わる」デザインを。
生活者の意識や行動に沿った総合的な設計を行い、情報伝達の自己増殖が起こる環境を整えます。

イベント(企画・制作・運営)

イベント会場は、メッセージの集積基地でありイベントの顔。生活者自身の心理的動線に着目しながら、行動パターンを分析し、コミュニケーションをデザインします。

日比谷ガーデニングショー
みどりカフェ(木場公園)
エコ住宅見本市(豊島区)

イベント実績
アースデイ東京、エコ住宅見本市、エコプロダクツ展、木場ミドリアム みどりカフェ、日比谷ガーデニングショー 等

グラフィック(企画・編集・デザイン)

デザイン制作のみにとどまらず、緑環境や熱環境に関するコンテンツの企画・提案を行い、生活者にわかりやすく伝わるツールを実現します。

木場ミドリアムパネル展示
エコアップマニュアル

グラフィック実績
ガイドブック、カタログ、パンフレット、リーフレット、会社案内、ポスター、チラシ、パネル、名刺、ハガキ、教材 等

WEBサイト(企画・構築)

マーケティングとWEB戦略はいまや別々のものではなく、様々な施策とWEBサイト・ソーシャルメディアを連動させて生活者の経験を生み出します。

on-do-meter
涼温房生活

WEBサイト実績
自社「on-do-meter」、住友林業株式会社 会員サイトクラブフォレスト「エコ百科」「涼温房生活」、グリーンチェーン推進ネットワーク 「緑の楽園都市 moni」 等

「参加」から「主体」へ

「伝えたいメッセージが、自然と伝わるために、個人と個人の『関係性』を誘発させる」これが、私たちの手法です。
この手法により、「第29回全国都市緑化フェアTOKYO」の中で、「わがまち」を紹介し、緑のまちづくりの重要性を伝える「まちなかグリーンマジック[2012年、(公財)東京都公園協会主催]」というイベントが行われました。
市民が主役となったこのイベントを例にとり、コミュニケーションデザインの具体例を紹介します。

→詳細はこちら

↑ページトップへ