森をつくる住まいづくり

「住まい」から「まち」へ 「都市」から「森」へ

  1. ホーム
  2. 実績
  3. 分譲住宅・まちづくり コモンガーデン仲町台

実績

コモン
ガーデン
仲町台

高額物件だからこそ重視された環境価値

敷地面積50坪の都市部における限られた広さの敷地で、1戸1億に迫る高額物件をいかに売るか。この課題に応えたのも「環境統合デザイン」だった。隣り合う敷地の間で、相互の環境のつながりを活かし、「広々とした居住空間」と「贅沢な景観」のどちらも両立させることに成功した。


限られた敷地でも、"広々とした居住空間"と"贅沢な庭"のどちらも実現させたい…。
誰もが難しいと考えがちですが、1軒だけでは難しいことも、隣り合う敷地とのつながりを活かすと、とても贅沢な可能性が見えてきます。自分の敷地を超えて、風とつながり、景色とつながり、街とつながる。そうすると、豊かさは何倍にもなる。そんな考え方が、このプロジェクトのコンセプトに息づいています。

コモンガーデン仲町台は、横浜市都筑区の港北ニュータウンにあり、最寄駅より続く豊かな緑道と隣接した立地にあります。この緑道と全10棟の分譲地全体の環境ポテンシャルを活かした計画が進められました。1軒1軒の連鎖が魅力的な街区を創り出し、街区全体の価値が住まい手ひとりひとりにとっての暮らしの価値を高めているのです。計画、販売だけでなく、入居後の暮らしの価値を実現するため、暮らし方セミナーや熱環境計測などのフォローアップも行いました。それらを通して、入居者のみなさんが、計画に活かされた「つながりによる価値」にそれぞれ気づきを得、お互いの暮らしの様子を共有していくことで、入居者のみなさん同士が共に 暮らしの環境をよくしていく、そんな関係づくりが進められています。

↑ページトップへ